So-net無料ブログ作成

お受験について “お受験”と言う言葉を聞くと、どこかいやらしく聞こえるのはなぜですか?


けさの食事はこしひかりの炊きたてと焼き鮭。

なんつってもホッとしちゃいます。


今日もげんき一杯にビジネスが出来るってもんです。


でも、たまに朝食抜きかな。







では、今日のお受験 情報



“お受験”と言う言葉を聞くと、どこかいやらしく聞こえるのはなぜですか?


- 回答 -
まず、「お」の誤用について、指摘しておきます。

「試験」や「面接」という言葉の場合は、その行為の主体が「試験する側」「面接を行う側」にありますから、
そちら側を尊んで、「お試験を受ける」「ご面接に進む」と表現します。

ところが、「受験」という行為の主体は、あくまでも「受ける側」ですので、
これに「お」を付けてしまうのは、本来、誤った使い方なのです。

さて。

中学以降の受験については、単に「受験」と表現しますが、
これは「実力勝負」ですから、「イヤミ」を込める必要などありません。

ところが、幼稚園や小学校の入試となりますと、
日常生活上の躾が行き届いているかが「判定」の対象になりますし、また、必ず「親子面接」がありますでしょう?
つまり、親達の間に、本人の「能力」そのものよりは、
それに付随する部分で「勝負」できるような「錯覚」が生ずるのです。

そうしますと、子供に対してまるで「犬の調教」みたいな「事前教育」を施したり、
「親」の方も、面接時の服装に悩むのは勿論、何とか「上品」な言葉遣いをしようと、これ努めるわけです。

ところが悲しいかな、「付け焼き刃」なものですから、本来付けてはいけない「受験」にまで「お」を付けてしまう...。

このように、「親」が自分たちを「より上に見せよう」と右往左往するさまを「揶揄」して、
「お受験」と呼ぶようになったのではないでしょうか?
多分、実際にそのような言葉の使い方をなさる親御さんが、いらっしゃったのだと思います。

親子代々、同じ私立に入園・入学するようなご家族でしたら、
まず、そのような特殊な「準備」などは、必要無いんですのにね...。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)




とのことです。


こんな悩みには



>>お受験ムービーSOS

スクール情報の株式会社攻文社
小学校受験の面接でこれをやってしまうと、
100%不合格になるにもかかわらずほとんどのお母さんが、
まったく対策していない「落とし穴」とは?
幼児教室にも通い、毎日、教材を使ってしっかり勉強。
面接官との想定問答も完璧に練習した。
が、結果は……不合格。
最大の失敗。
面接官の前で、子どもが緊張のあまり、かたまってしまい、まったく質問に答えることができなくなるなんて…
子どもが「フリーズ」してしまい、今まで必死にがんばってきた、すべてのお金と時間と努力が水の泡となった。
「フリーズ」に関して、小学校受験専門の幼児教室や、一部の映像教...
つづき
(この記事はこちらから引用させて頂きました。)




お受験ムービーSOSというだけあって

抜群の効果ですよ(^^ゞ










さて、お昼だけど、岡野町のジョナサンに


立ち寄りました。お取引先に近いですからね。ジャンバラヤとアイスレモンティー。ここでしか味わえないです。


早川君も推薦してくれてます。





それから、ネット通販の部分なんですけど、


甲乙付け難いですけどヤフオクが


安く見えますね。在るか否かはショップまで♪


しかし、Amazonは品揃えが良いですね。





ちなみに、今日のディナーは、レバーとクッパ。


そしてデザートはサークルkのショートケーキ。だって、食べたかったんだもん^^;な、わけで、


今夜はここでお別れです。ではまた次回!




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。